HSP

HSPに投稿されたコード一覧

サブルーチン迷路

思考があらぬ方向に行って思いついた謎コード
思考があらぬ方向に行って思いついた謎コード
// subroutine maze

	randomize
	lb  = *LBottom, *lb1, *lb2, *lb3, *lb4
	msg = "bottom", "*1", "*2", "*3", "*4"
コードを見る

【HSP3】リソース読み取りサンプル

リソース読み取りサンプル、ieframe.dll に埋め込まれているビットマップを表示してみる
リソース読み取りサンプル、ieframe.dll に埋め込まれているビットマップを表示してみる
#include "kernel32.as"
#include "user32.as"
#include "gdi32.as"
#define RT_BITMAP 2

コードを見る

他人の絵を盗み描く

カッコよく言うとね、「外部ライブラリのリソースから画像を取得して表示」してるんだけどね、あんまりすごくないですw
カッコよく言うとね、「外部ライブラリのリソースから画像を取得して表示」してるんだけどね、あんまりすごくないですw
#include "kernel32.as"//
#include "user32.as"//
#include "Gdi32.as"//3つDLL使うの久しぶりだ

#define RT_BITMAP           2
コードを見る
  • タグ:
  • タグはありません

bit操作

poke/peekの1bit単位版みたいなやつ。pokeとsetbit,peekとgetbitがだいたい対応。byte単位だったのがbit単位になっただけ。当たり前にビッグエンディアンの考え方だからね...
poke/peekの1bit単位版みたいなやつ。pokeとsetbit,peekとgetbitがだいたい対応。byte単位だったのがbit単位になっただけ。当たり前にビッグエンディアンの考え方だからね...
#module sgetbit
#const FULL 0xFF
#const NULL 0x00
#deffunc setbit var map, int ptr, int bit
	if (bit!=0) && (bit!=1) : return -1
コードを見る
  • タグ:
  • タグはありません

【HSP3】MediaInfo.dll 用の定義ファイルと簡単なサンプル

MediaInfo.dll 用の定義ファイルと簡単なサンプルです。間違っている場合があるので注意して使ってください。
MediaInfo.dll 用の定義ファイルと簡単なサンプルです。間違っている場合があるので注意して使ってください。
#uselib "MediaInfo.dll"
#func MediaInfo_New "MediaInfo_New"
#func MediaInfo_New_Quick "MediaInfo_New_Quick" wptr,wptr
#func MediaInfo_Delete "MediaInfo_Delete" wptr
#func MediaInfo_Open "MediaInfo_Open" wptr,wptr
コードを見る

メニュー

自由に使ってください
自由に使ってください
;
	title"sample"
;
	screen 0,400,200
	repeat
コードを見る

【HSP3】ファイル名、ディレクトリ名として使える名前かチェックするモジュール

ファイル名もしくはディレクトリ名として使える名前かチェックするモジュールです。
ファイル名もしくはディレクトリ名として使える名前かチェックするモジュールです。
#module _FileNameCheck_
#uselib "Shlwapi.dll"
#func PathGetCharTypeA "PathGetCharTypeA" int
#func PathGetCharTypeW "PathGetCharTypeW" int
#define GCT_INVALID 0	// この文字はパスに使用できない。
コードを見る